日本型の人事労務管理




日本型の人事労務管理の特徴

日本型の人事労務管理の特徴は、次の3つである。

  • 終身雇用制
  • 年功序列制
  • 企業別労働組合

終身雇用制

終身雇用制とは、採用時から定年に至るまでの間、雇用の継続が保障されている制度をいう。

終身雇用制には、次のようなメリットがある。

  • 企業への帰属意識の強化につながる
  • 長期的な視点での人材育成に効果的である

他方、終身雇用制には、次のようなデメリットがある。

  • 企業組織の硬直化につながりやすい

年功序列制

年功序列制とは、勤続年数による賃金や昇進・昇格等の処遇の決定のことをいう。

年功序列制には、次のようなメリットがある。

  • 企業への帰属意識の強化につながる

他方、年功序列制には、次のようなデメリットがある。

  • 労働の質の低下
  • 高い能力を持つ労働者の流出
  • 賃金コストの増大

企業別労働組合

企業別労働組合とは、同一企業の労働者で構成される労働組合である。

企業別労働組合は、企業内労働組合ともいう。

企業別労働組合には、次のようなメリットがある。

  • 企業の実態にあった労使交渉が行われるので、労働条件の改善が進みやすい
  • 企業と労働者の対立が起きづらいので、安定した労使関係の形成に役立つ

他方、企業別労働組合には、次のようなデメリットがある。

  • 企業横断的な組合(産業別労働組合、職種別労働組合など)に比べて規模が小さいので、企業側に対する影響力が小さい
  • 同種産業や同業他社の動向から乖離した労使交渉が行われる

参考文献

岡本大輔・古川靖洋・佐藤和・馬塲杉夫(2012)『深化する日本の経営』千倉書房

参考ページ

企業別労働組合 – Wikipedia

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク