大阪メトロの誤訳で英語学習の必要性を改めて痛感




大阪メトロが「堺筋」を「サカイマッスル」と誤訳

2019年3月18日、大阪市の地下鉄を運行する大阪メトロ(大阪市高速電気軌道)の公式サイトの外国語ページで、路線名や駅名の誤訳が多数発見されたことが報道されました。

ツイッター上では、このようなパロディも投稿されました。

自動翻訳の進歩はまだまだ

近年、AI(人工知能)やビッグデータなどの技術の進歩により、自動翻訳の精度は向上しました。

しかしながら、大阪メトロの報道を見ると、日本語から英語への自動翻訳の技術はまだまだ改善の余地があるようです。

ということで、人間が自動翻訳に完全に頼ることができない以上、外国語を学習する必要性は未だに残っている、といえます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク